1. 石澤研究所 植物生まれの薬用育毛美容液

石澤研究所 植物生まれの薬用育毛美容液

管理人の評価(平均:3.2点)
価格 2,808円(税込)

石澤研究所「植物生まれ」シリーズの薬用育毛美容液。柑橘類のエキスがふんだんに使われており、頭皮を保湿してくれます。乾燥しやすい地肌の人におすすめ。

 

感じた効果 ⇒ 2

使った直後は頭皮がサッパリ。後になるとしっとりします。油分も多めなので、乾燥している地肌の人によさそう。

毛髪には特に、変化は感じませんでしたが、地肌のコンディションは良い感じ。地肌のトラブルで髪が細くなったり、抜けたりしている人なら効果を感じられるかも。

 

成分の内容 ⇒ 3

独自成分は配合されていないんですが、女性用育毛剤としては標準的な内容です。

グリチルリチン酸ジカリウム、ニンジンエキス、センブリエキスが有効成分として表記されています。

特徴的なのはオレンジ果汁が一番多く配合されていること。次いでオレンジ油、柚子エキス・チンピエキスなど、柑橘類の成分がたくさん使われていますね。

香りもまるでオレンジジュースのようです。

 

買いやすさ ⇒ 

イオンボディなどの自然化粧品を扱っているお店や、LOFTなどバラエティショップで見つけられます。

また、石澤研究所の公式通販サイトでも買えます。値段も育毛剤としてはかなり手ごろ。続けやすそうですね。

 

使いやすさ ⇒ 3

地肌に直接つけるノズル式。先端をひねると先が持ち上がるようになっていて、ふだんは下ろしておけば倒れてもこぼれません。

量の調節が出来るかな?と思いましたが、そこまでは出来ませんでした。

 

価格 ⇒ 

180mL入りで2,600円(税抜)と安価です。成分内容など、女性用育毛剤としては標準的なもので他と比べても遜色はないので、これは安いなと感じます。

 

薬用なのに育毛「美容液」

石澤研究所の植物生まれヘアケアシリーズには、シャンプーやコンディショナーのほか、頭皮クレンジングやリフレッシュスプレーなどいろいろな製品があります。

薬用育毛剤もあるんですが、なぜか名称は「育毛美容液」。医薬部外品なんですけどね。育毛剤の条件を満たしていないのか?ちょっと不思議です。

 

中のボトルはシンプル

細くて軽いボトルなので、握りやすく使いやすいです。デザインはちょっと残念寄り^^;

 

ノズルは地肌に直接つけるタイプ。先端がちょっと変わってます。

 

ノズルの先端が回転して、持ち上がるようになってるんですね。持ち上げると、穴が現れて液が出る

 

ふだんは下ろしておけば、もしボトルが倒れても液はこぼれません。ホコリなども入らないし、キャップを落としたり無くしたりすることもありません。

 

ノズルの持ち上げ具合で、液の量を調節できるかも、と思いましたがそれは出来ませんでした。

でもこの構造になっていることで、液がドバッと出てしまうこともないので便利です。

 

液を頭皮につけると、ふわっと柑橘系のいい香り。頭皮にしみる感覚もなく、顔に化粧水をつけた時のように、皮膚がふっくらします。

メントールと柑橘系の爽やかさもありつつ、オレンジオイルの働きで保湿もされる感じ。オレンジの香りがする育毛剤は多くありますが、これは特に強いです。

 

育毛効果に関しては、あまり劇的には感じませんでした。浸透する感覚もないので、あくまでも頭皮をしっとりさせて環境を良くするもの、という感じですね。

不快に感じる要素はないので、育毛剤というより、その名の通り頭皮の美容液として使うといいかなと思います。

 

同じ石澤研究所から発売されている、植物生まれの地肌エッセンスは化粧品ですが、こちらは医薬部外品。

育毛効果があるとされている成分が使われているため、こちらの方が効果は期待できそうです。

日中のリフレッシュに使うなら、スプレータイプの地肌エッセンスの方が使いやすいですね。

頭皮が乾燥していると感じることが多いなら地肌エッセンスを。薄毛・抜け毛の症状が出てきたようなら、この育毛美容液の方を。

同シリーズからは、シャンプーやコンディショナーも出ていますよ。

石澤研究所 薬用育毛美容液の
公式ページはこちら

 

 

 

地肌エッセンス

ここからは、同シリーズの地肌エッセンスを使ったときのレビューです。

管理人の評価(平均:3.0点)
価格 1,620円(税込)

 

感じた効果 ⇒ 2

薬用の育毛剤ではないので、特に毛髪に対する効果は感じませんでした。つけた時はさっぱりしますが、個人的には後からちょっとべとつきを感じました。

シャンプー後に使った時は、翌朝、頭皮がすっきりしていたので、つけてすぐ後に汗をかいた場合はべとつくのかも?と思いました。炎症消炎作用や発毛促進作用が期待できる成分は配合されていません。

 

成分の内容 ⇒ 3

刺激の強い薬剤は使われていません。薬用の育毛剤にも使われるオタネニンジンエキスやビワ葉エキスも配合されており、値段のわりにはなかなか良い内容だと思います。

香りづけも香料でなくオレンジ油です。ポリマー類も配合されていないので、髪や地肌に優しいと思いますね。ただ、育毛剤として考えると、育毛効果が期待できる成分は配合されていません。現在すでに髪が薄くなってしまった、という人には向かないかなと思います。

 

買いやすさ ⇒ 

Amazonなど、大手通販でも取り扱いが多く、一般のスーパーやドラッグストアでも見つけることが出来ます。値段も1500円ほどと手ごろ。普通のヘアケア品に見える点も、買いやすく良いと思います。

 

使いやすさ ⇒ 2

小さめなボトルで持ちやすく、軽いので使いやすいです。ノズル部分が大きく、他のスプレー式育毛剤に比べて、液が多く勢いよく出てきます。地肌に届く前に、広く拡散してしまうので、つける時には注意が必要です。地肌に浸透しやすい処方ではないので、髪をよくかきわけて使うのがおすすめ。

 

価格 ⇒ 

オタネニンジンやビワ葉のエキスが配合されて1500円は安いと思います。水の割合が多いのかもしれませんが、香りもよくコスパは高いと思います。

 

頭皮の化粧水として利用したいエッセンス

男性用の育毛剤や、育毛トニック・エッセンスは、スーパーのヘアケア製品のコーナーに行けばたくさん売られていますが、女性用のものってなかなか売ってないですね。

先日買い物に行ったお店で、偶然見つけたので買ってみたのが「植物生まれの地肌エッセンス」です。

同じシリーズのシャンプーやコンディショナーと並んでいたので、地肌エッセンスとは初めは気づきませんでした。寝癖直しウォーターかな、と思ったら、地肌エッセンスだったので買ってみました^^

キレイなオレンジ色で、ボトルも小さく持ちやすいので、女性には使いやすいと思います。

 

植物生まれの地肌エッセンスは、育毛剤ではなく化粧品です。

ですから、髪が生えてくる期待はあまりできそうにないんですが、オレンジが持つ「汚れ落とし」のチカラで、頭皮の余分な皮脂を落とすのに役立ってくれそうです。

毛穴に皮脂が詰まっているせいで、髪が細くなってしまっている人には、効果があるかもしれませんね。

使い方は朝晩ではなく、夜シャンプー後だけで良いようです。髪を乾かしてからではなく、タオルドライして地肌につければいいので、より手軽ですね

植物生まれの地肌エッセンスは、ボトルに対してノズルが大きめな感じがします。

他のスプレータイプの製品より、ノズルの作りが大味な感じです。

 

もっとも、育毛剤ではないので、地肌に間違いなく届く必要がないのかもしれません。地肌に一直線にパシュッと吹き出されるのではなく、普通のスプレーっぽく拡散します。

なるべく地肌に多くつくようにするには、髪をしっかりホールドしておいてつけると良さそうですね。

液は嫌な匂いも、浸みるような刺激もないです。匂いに関しては、かなり良い匂いのするほうだと思います。

人工の香料は入っておらず、オレンジ油やオレンジ水が多く配合されているためか、オレンジのさわやかな香りがします。

オレンジは油汚れを落としてくれますから、皮脂が詰まりやすい頭皮の人に向いていますね。

安いから続けやすいし、Amazonなどのレビューでもなかなか評判が良いようです。

炎症を抑える薬剤などは入っていないので、今頭皮が荒れている人にはオスメできませんが、特にトラブルがないなら、使っておけば頭皮環境が良くなるかも知れませんね。

 

こちらもどうぞ

ハリモア

アンチエイジング化粧品を多く作っているレバンテから発売された、美容液育毛剤です。生薬由来の成分、美容保湿成分が多く、頭皮も肌の一部として保湿しよう、という育毛剤。美髪効果を期待する人に。